はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

かつてアユタヤにあった日本人町などなど

アユタヤで一番有名な、

ワット・マハタート

ワット・マハタートの仏頭。

他にも仏頭や、首のない仏像が多い。

ワット・マハタート

f:id:ra8ra3:20180919143725j:plain

14世紀ごろ、ビルマ軍の侵略によって、多くの仏像が壊され、廃墟となったからである。

f:id:ra8ra3:20180919143727j:plain

 当時、ビルマからの侵略にさらされていたアユタヤ王朝は、傭兵を雇い入れ対抗していた。

そのころの日本は、戦国時代。

主君を失った浪人が、アユタヤへ流入し、傭兵となっていた。

そのため、アユタヤに日本人町が生まれた。

 

いまその場所には、当時の名残はないが、

記念公園になっている。

日本人村

日本人村

f:id:ra8ra3:20180919143802j:plain

f:id:ra8ra3:20180919143807j:plain

公園内には、資料館もあり当時の様子がうかがえる。

f:id:ra8ra3:20180919143810j:plain

f:id:ra8ra3:20180919143813j:plain

きれいに整備された日本庭園もある。

f:id:ra8ra3:20180919143816j:plain

 

 

ちなみに、ワット・マハタートのそばには、エレファントキャンプがある。

エレファントキャンプ

f:id:ra8ra3:20180919143744j:plain

エレファントキャンプ

象に乗りたい人には、おすすめ。

 

日本人町跡は、少し離れたところにあるので、

行く方は徒歩以外で!