はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

シリア首都ダマスカス編・Part1・ウマイヤモスクなど

クラック・デ・シュヴァリエの後、

首都ダマスカスへ

ダマスカス

国立博物館入り口

ダマスカス国立博物館

屋外展示品

ダマスカス国立博物館

建物入り口

 

ダマスカス

スーク・ハミディーエ

シリア最大のスーク入り口

ダマスカス

朝早い時間帯、準備中の店ばかり

ダマスカス

時間がたち、人が増えてきた

ダマスカス

アイスクリーム屋

ダマスカス

だいぶ賑わってきた

 

ウマイヤ・モスク

ウマイヤ・モスク(ウマイヤド・モスク)

世界最古のモスク

歴史を辿ると神殿→教会→モスクと増改築されてきた。

ウマイヤ・モスク

モスク内部

右方にチェーンで仕切りがある。

右側女性、左側男性と分けるため。

ウマイヤモスク

緑のほこらに、洗礼者ヨハネの頭部が納められているといわれている。

手前の、全身ネズミ色のフード付き衣装を着ているのは、

イスラム教徒以外の女性。

この衣装を着る決まりになっている。

ウマイヤ・モスク

 人々は思い思いに過ごしている。

ウマイヤ・モスク

中庭も、同じように。

 

洗礼者ヨハネの頭部がなぜここに?という疑問

まず洗礼者ヨハネとは?

『新約聖書』に登場し、ヨルダン川でイエスらに洗礼した人物

なぜ頭部が?

『マルコによる福音書』第六章によると、

ヨハネは、王の結婚を非難したことで捕まっていた。

そんなとき祝宴があり、

妃の娘(連れ子?)は母の命令で舞の褒美として、

ヨハネの首を王にお願いしたため斬首された。

なぜここに?

斬首後、ヨハネの弟子たちは遺体を引き取りにきて、墓に納めた。

モスクになる前、教会があり、その当時頭部を納めたといわれている。