はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

ベイルートあれこれ

ベイルートは、中東のパリと呼ばれているため、

治安はよいと思われがちだが、情勢は複雑である。

レバノンの現代史をすこし。

第二次世界大戦後、中東のパリとして栄えていたが、

1975年にレバノン内戦が勃発し状況は一変する。

1992年に国会議員の総選挙が実施されるまで、内戦は続いた。

その後、ラフィーク・ハリーリー氏が首相としてレバノン経済を立て直したが、

2005年に爆弾テロによって暗殺されると国内情勢が悪化。

2006年にはレバノン侵攻が起こる。同年停戦。

現在、治安は安定しているが、注意は必要。

街中を散策しているとよく分かる。

ベイルート

ホリデ・イン・ベイルート

以前はホテルとして営業していたが、

内戦によって破壊されそのまま残っている。

ベイルート

レバノン国旗で分かりづらいが、内戦の爪痕。

ベイルート

なぜかイスがたくさん。

ラフィーク・ハリーリー元首相の追悼式典が数日後にあるらしい。

そのための準備だと。

 

夕方、奥にあるテントに近づくと、

f:id:ra8ra3:20181009192139j:plain

人だかりが、

f:id:ra8ra3:20181009192136j:plain

大勢の人が追悼していた。

ベイルート

ラフィーク・ハリーリー元首相

 

追悼式典が近いため、警備が厳重だったのか、

街中いたるところに、機関銃を持つ兵士が。

市街地に戦車があり、検問所も多かった。

アジア人丸出しだからか、身分証を求められることは一度もなかった。

夜にエトワール広場を歩くと、誰もおらず、兵士だけ。

兵士の視界に入った瞬間、銃口を向けられビックリするが、

手を合わせる仕草をしてフレンドリーに挨拶される。

 

などなど、

街並みとのギャップが印象的なベイルートだった。