はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

20世紀最大の考古学発見「死海文書」を見に行く

「死海文書」

と聞いてもイメージしづらいかも知れない。

死海とは、ヨルダンとイスラエルの国境にある塩湖。

1947年頃に死海北西部でみつかり、その後周辺で多くの文書が発見された。

それらが死海文書といわれている。

内容は、宗教規則、旧約聖書など多岐にわたり、

古代ユダヤ教や初期キリスト教の重要な資料である。

それがエルサレムにあるイスラエル博物館に収蔵されている。

f:id:ra8ra3:20181019223632j:plain

バスに乗って博物館へ

f:id:ra8ra3:20181019223636j:plain

街中いたるところで工事中

エルサレム

博物館入り口

エルサレムはどこでも手荷物検査がある。

エルサレム

モザイク画

エルサレム

第2神殿時代のエルサレム模型

エルサレム

死海写本館

屋根の部分が独特な形をしており、

死海文書が入っていた壺の蓋をイメージしているらしい。

中は全て撮影禁止。

 

死海文書、20世紀最大の考古学発見といわれながら、

長い間世に出なかったため、様々な陰謀論が沸き起こった。

そうした逸話とともに現在に残っている貴重な資料。