はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

浮輪の必要がない死海、ヨルダン側へ

アンマンに戻り、

やり残していることは、

本を読みながら浮かぶこと。

それができるのは、死海。

死海とは、

塩分濃度30%(通常の海は3%)の塩湖。

(実際は海ではなく、湖)

プールに比べ海は浮きやすいが、

それ以上に死海の浮力は高い。

だから、新聞や本を読んでぷかぷかできる!

 

というわけで、アンマンから死海へ。

途中から公共機関がないので、

アンマンからヒッチハイク!

アンマンビーチ

アンマンビーチ到着

アンマンビーチ

めちゃくちゃ整備されていて綺麗。

しかし、高い、入場料が高い・・・。

死海

少し歩き、フリービーチへ。

死海

十分綺麗、人もおらず快適。

やはり塩湖、地面がじゃりじゃり。

サンダルは必須。

死海

めっちゃくちゃ浮く、あまりの浮力に衝撃。

まるで全身に浮輪がついているみたい。

10分ぐらい遊んでいると、

皮膚の薄い部分が痛い、痛いぞ!

塩が高濃度すぎて、粘膜痛い!

急いで水で洗うと、助かった。

死海

死海の泥、綺麗そうには見えない・・・。

けれど、この泥、実は美容に良いという話。

なので、塗りたくってみた。

効果はよく分からない(笑)

お肌プルプルになったと気持ちを高め、

またヒッチハイクしてアンマンへ

アンマン

アンマンに着くと、アラレが降っていた。

 

どんなに泳ぎが下手でも絶対に浮く死海。

フリービーチには、注意書きがなく、

ライフガードはいないので気を付けること。

・うつ伏せNG

・目に入ったり、誤飲したりすると命の危険がある

・足場が悪いので、履物必須

(死海に入っているときも)

以上、なめたら本当に危ない死海について。