はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

世界三大めんどくさい国の一角エジプト、首都カイロは人がまばら

ダイビングのライセンスを

取る予定はなかったので、

ダハブでは長居せずカイロへ。

 

エジプトといえば、旅人の間で、

「世界三大めんどくさい国」の一角。

その首都であるから気合を入れなければ。

カイロ

旅行者少ないな。

と思っていたら、なんと先週テロが!

場所は、カイロで有名なハーンハリーリ。

そこでテロがあり、

フランス人一名が亡くなったらしい。

だから少ないのか。

ハーンハリーリ

ハーン・ハリーリ

地元の人しかいない、外国人皆無。

ぼったくりで有名なエジプトだが、

値段は良心的だったので衝撃。

(後にも先にも、この時だけ)

 

次の日、エジプト名物ピラミッドへ。

カイロから20㎞西南にあるギザ、

ピラミッドはそこに。

ギザのピラミッド

デカイ!humongous!

ピラミッド

砂漠とラクダ、ピラミッドとラクダ、

これぞエジプト!

ちなみに、

ピラミッド隣にある建物は、太陽の船博物館。

この場で発見された太陽の船、

別名クフ王の船を展示している。

ピラミッド

全てのピラミッドには、

内部への入り口がある。

ピラミッド

入り口

内部は撮影禁止のため、

鞄に入らないビデオカメラ等は、

預けることになる。

 

ピラミッドとセットにされるスフィンクス。

TVや写真で見ると大きそうだから、

すぐにみつかると思っていたが、

どこだ?場所が分からない(笑)

スフィンクス

うろうろしていると、

傾斜の下の方にやっと発見。

スフィンクス

意外と小さい

スフィンクス

スフィンクスの後ろ姿

スフィンクト

あごひげが無い(大英博物館にある)

鼻もそうだが、結構顔の損傷が激しい。

ピラミッド

テロがあったとはいえピラミッド周辺は、

さすがに外国人旅行者が多い。

ピラミッド

先述した「世界三大めんどくさい国」

エジプトの他は、

インド、モロッコorベトナムといわれている。

確かにベトナムもまあまあめんどくさいが、

体感的には、

ヨルダンにあるペトラ遺跡観光拠点の街、

ワディムーサの方が大変。

こんな風に人ぞれぞれ、

めんどくさい街や国が違ってくるが、

上記3ヶ国はめんどくさい率が高い。

ここでいう「めんどくさい」は、

ぼったくりや客引きの強引さ。