はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

移築されたヌビア遺跡群(アブシンベル神殿など)

アブシンベル神殿は、大神殿と小神殿の二つからなる。

前のブログでも書いた通り、

水没の危機だったが、正確に分割し移築された。

アブシンベル神殿

そのため目の前には、ダムによって出来た人造湖ナセル湖が広がる。

アブシンベル神殿

アブシンベル大神殿

もともとはペトラ遺跡同様、岩山を削ってつくられた神殿であったが、

移築のためコンクリートのドームに覆われている。

アブシンベル神殿

よく見ると、確かに分割した切れ目がある。

アブシンベル神殿

アブシンベル小神殿

フィラエ神殿

フィラエ神殿

フィラエ島にあった神殿を、水没から守るためアギルギア島へ移築。

島の形もフィラエ島と同じ形につくられた。

イシス神殿

イシス神殿

キオスク

 トラヤヌス帝のキオスク(休憩所)

 

アスワンハイダム建設時は、

これらヌビア遺跡群が水没することを懸念し、

世界的な保存運動となった。

それがきっかけで、ユネスコによる世界遺産制度がつくられた。

しかし、世界遺産認定第一号ではなく、その翌年に登録される。