はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

逸話の多いルクソール神殿

ルクソール神殿

ルクソール神殿は、

以前書いたカルナック神殿の付属神殿。

そのため、かつてカルナック神殿からルクソール神殿まで、

スフィンクスの参道が約3㎞続いていた。

ルクソール神殿

オベリスク

土台は残っているがもう1本はない。

今は、フランスのコンコルド広場にある。

19世紀当時のエジプト支配者がフランスへ送ったため。

ルクソール神殿

オベリスクとは反対側、よく見ると建物がある

ルクソール神殿

この建物、実はモスク。

なぜモスクがルクソール神殿内に?という疑問。

神殿が発見される前、

この場所にイスラム教徒が定住し、

モスクを建てたから。

全てが砂に埋もれていたので誰も気づかなかった。

f:id:ra8ra3:20181102094824j:plain

その証拠に拡大するとかつてのモスク入り口がわかる。

つまりこれより下が砂に埋もれていたということ。

だから風化されず、彫刻が綺麗に残っているものが多い。

ルクソール神殿に限らず、エジプトの遺跡は。

ルクソール神殿

日が暮れてきた

ルクソール神殿

ライトがつく

ルクソール神殿

中も明かりが灯る

ルクソール神殿

陽の光とはちがうおもむき

ルクソール神殿

様々な逸話があるルクソール神殿、

ルクソール神殿

明かりに照らされより一層神秘的に。