はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

ペルーからボリビアへの国境越えは、評判通り最悪

ペルーからボリビアへ行くルートは2種類。

 

1:コパナカバナ(Capacabana)経由

2:デサグアデロ(Desaguadero)経由

 

1の方は、15時間程かかるが、

チチカカ湖観光に便利なため旅行者が多い。

ペルー国境の街ユングヨ(Yunguyo)経由ともいう。

2の方は、11時間程と短いが、悪名高い国境。

 

急いでいたので、

短時間で安い2のルートを選択。

 

デサグアデロ

バスは夜出発し、

早朝に国境デサグアデロ到着。

出国審査が終わり、ほっと一息。

 

ボリビア側へ向かおうとすると、

きたーーーー!!!

評判の悪い国境警察がきたーーー!!!

 

肩ポンポン、何か言っている。

「ポルケ?(何故?)

事務所に来い的なことを言っている様子。

ごねてトラブっても嫌なので、ついて行く。

事務所内の奥にある部屋へ行けと。

絶対面倒くさいことが起きるな・・・。

 

その部屋から、

白人男性がブチ切れて出てきた。

ファックを連発しているのだが、

嫌な予感しかしない。

 

部屋の中は、

大きな机と警察官1名。

1人でよかった。

噂だと、

2人1組で、1人が気を引き、

もう1人が金目の物を盗むパターン。

すると、

後ろからもう1人警官が来た!

最悪な展開かと思いきや、

最初からいた警官に何か言われ、

戻っていった。

 

気持ちはまさに、

「絶対に負けられない戦いが、そこにある」

(テレビ朝日より引用)

日本代表の気持ちだ!

これで負けると、

悪徳警官は同じことを次の旅行者に必ずやる。

なにがなんでも負けられない。

こいつらを図に乗らせないため!

次の旅行者を守るため!

そして自分のお金を守るため!

 

さあ、戦いの始まりだ。

 

とりあえずパスポートを出せと、渡す。

問題なし。

荷物を見せろと、リュックを渡す。

(大きなリュックはバスの中、

小さなリュックに貴重品は無い)

問題なし。

 

ポケットの中身を全部出せと。

ついに金銭を抜かれるパターンがきた!

絶対相手に財布を渡してはいけない。

机の上に置くのもNG。

財布以外を机に出すと、

警官が財布も置けと言ってきた。

置いたら最後。

現金一部か、財布ごと盗られる

可能性が非常に高いため、

絶対に置かない。

 

すると財布をつかみ取ろうとしてきた!

冷静に距離を取る。

 

もう警官ちゃうやん、強盗やん!!!

 

相手の手が届かない間合いで、

財布の中身をひとつずつ見せていく。

そうすると、意外にも大人しく引き下がった。

 

戦い終了。

 

「負けられない戦い」に負けてはいないが、

勝ったのか、これは・・・。

この無意味な試合に誰も勝者はいない気が。

ただただ精神を削っただけ。

 

とりあえず、

なにごともなく解放され安堵したが、

最後の最後にペルーでガッカリした事件。

 

デサグアデロ

貧困のせいなのか、

人間性の問題なのかは分からない。

 

どこの国でもどんな職種でも、

腐った人間はいるものだなとつくづく思った。

 

気分は晴れず、

もんもんとボリビア入国。

 

 

 

「デサグアデロ」位置