はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

肉まんのお店「Full on the hill」新宿区中町

 

神楽坂の肉まんといえば『五十番』

 

五十番からのれん分けされた『目黒五十番』

 

そして、目黒五十番の姉妹店

 

本日の訪問先

Full on the hill

『Full on the hill(フルオンザヒル)

 

2011年2月にオープンした、牛込神楽坂駅近くの手作り肉まん屋さん。

 

店名は、ビートルズの曲「フールオンザヒル」からつけたという。

 

Full on the hill

店舗横には、わずかにイートインスペースがある。

 

ティッシュだけでなく、ウエットティッシュも置かれている。

 

ウエットまである!この心遣いに感動!

 

店頭ディスプレイに、大きな、または普通サイズの肉まんは見当たらず。

 

何故か、プチシリーズのみがならぶ。

 

場所柄か、有名店仕込みのクオリティのためか、なかなかよいお値段。

 

プチ肉まん 248円

餃子    345円

 

以上、オーダー!

 

 

いざ、プチ肉まん&餃子!

フルオンザヒル

 

まじまじと見るが、確かにプチ肉まんである。

 

餃子の方も、あまり大きくはない。

 

 

餃子

フルオンザヒル

 

100円玉と比較してみると大きさが分かる。

3枚分ぐらいの大きさ。

 

今回焼き餃子にしたのだが、皮がもちもちしていたので、水餃子の方が合うだろう。

 

そういえば、おばさんに「水餃子で作るほうが、簡単なうえにオススメ」と言われたことを食べているときに思い出した(笑)

 

原材料

豚肉、ニラ、キャベツ、塩、ニンニク、生姜、玉ねぎ、・・・・

 

 

プチ肉まん

フルオンザヒル

こちらも100円玉と比較してみると、餃子同様3枚分ぐらいの大きさ

 

測定してみると、

6㎝×6㎝×高さ4㎝ 重さ75g

 

フルオンザヒル

プチ肉まんの中身

 

少し甘味のある具材、ごま油の風味が感じられる。

 

皮自体の甘味は、少なめ。

両側と下部の皮は、うすい。

 

原材料

豚肉、小麦粉、キャベツ、酒、砂糖、・・・

 

 

まとめ

原材料の詳細が書かれた紙

肉まんの見分け方と温め方が書かれた紙

 

それらがちゃんと用意されているので、具材にこだわっていること、美味しいものをお客さんへという気持ちがしっかり伝わってくる。

 

そして、肝心のお味!

 

プチ肉まん、餃子ともに、材料だけでなく、味付けもこだわっているのだろう。

単純ではなく、複雑な味わいで美味しい。

 

しかし、 手間がかかっているのは分かるが、お値段は少々高く感じる…。

 

そんなわけで、自分で買うとなると頻繁には難しいが、手土産でもらうと嬉しい肉まん!

 

 

 

Full on the hill(フル オン ザ ヒル)

住所:東京都新宿区中町37

各線「飯田橋駅」より徒歩8分

都営大江戸線「牛込神楽坂駅」より徒歩3分

 

電話番号:03-3260-6996

 

営業時間:11時30分から19時

 

定休日:不定休

 

公式サイト:http://www.foth.tokyo/index.html

 

地図: