はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

広告の未来は?!「アドミュージアム東京」カレッタ汐留地下2階

 

TVを見たり、スマフォで調べている時など様々なところで表示される広告。それだけ、身近なものですよね。

 

広告とは、広く世の中に広めること。その広告はいつからあるのか、昔はどのようなものであったのか気になるところ。

 

「広告」を英語に直すと、「advertisement」または省略して「ad(アド)」という。

 

現在までの様々な広告を知り、未来を想像できる「アドミュージアム」が日本にただ1ヶ所ある。

 

本日の訪問先

アドミュージアム

『アドミュージアム東京』

 

日本で唯一の広告ミュージアムは、日本一の広告会社(電通)近くにある。

 

いわずもがな、電通と関係の深いミュージアムである。その運営元は、電通第4代目社長の遺志を継承する財団。

 

とはいえ、他の会社の広告も充実している。

 

 

常設展示

アドミュージアム東京

江戸時代から現代まで、日本の広告の変遷が解説されている。

 

アドミュージアム東京

もちろん、東京オリンピック・大阪万博の広告もある。

 

 

コレクションテ―ブル

アドミュージアム東京

画面内のサムネイルから、気になったものをタッチすると、その広告を見ることが出来る。

 

懐かしいものから、初見のものまで数知れず。

 

 

4つのきもち

アドミュージアム東京

広告視聴ブース

 

アドミュージアム東京

中はこのように。

 

人々の心に響いた、広告の世界に入り込める。

 

誰にも邪魔されず。

 

 

ライブラリー

アドミュージアム東京

階段を上がると、図書館になっている。広告に関する資料を数多く収蔵されている。

 

 

プロジェクター

2017年12月アドミュージアム東京は、リニューアルオープン。

 

アドミュージアム東京

 

以前は中央に坂があったと思うのだが。今はなくなり、プロジェクターで文言が投写。

 

「家族は、面倒くさい幸せだ。」

鉄拳のパラパラ漫画を実写映画化した際、ポスターにあった文言。

浅井勇樹のコピー

 

他にも

 

アドミュージアム東京

1500種以上の動物に、同性愛があるんだって。

 

アドミュージアム東京

自然なことなんだ。

 

アドミュージアム東京

「1500種以上の動物に、同性愛があるんだって。自然なことなんだ。」

『"好き"に変はない展』での文言。

銭谷侑のコピー

 

このように、様々な人のコピーが写されている。

 

もう少しゆっくりの方が見やすいが、トントン写すことで、言葉の意味を考えるのではなく、感じろ!ということでは。

「Don't think ! Feel !」

 

 

企画展示

アドミュージアム東京

企画は、海外の広告

 

アドミュージアム東京

NYのクリエイティブ・アワードからの作品

 

 

 

まとめ

リニューアル前と比べ、視覚だけでなく聴覚でも、より一層感じることができるようになった。ライブラリーもあり、広告の勉強にはもってこいの場所。デザイン・映像の最高峰でもあるので、その業界の人にもオススメ。

 

ミュージアム内でも思ったが、昔の広告に比べ、最近のものは文字が多すぎる。そのため、煩わしく感じる。予算や時間が限られた中で、写真や映像だけで伝えることの難しさから、文字の多用に繋がっている印象だ。

 

そういった煩わしさがない広告が、広告の未来では。

 

けれど、それはもう広告ではないのかもしれない。

 

禅問答のようだが、広告の未来は、広告という枠組みを越えた「何か」

その答えはまだ世に出ていない。

 

 

 

アドミュージアム東京

開館時間:11時から18時まで

 

休館日:日曜・月曜

 

入館料:無料

 

電話番号: 03-6218-2500

 

住所:東京都港区新橋1-8-2

(カレッタ汐留内地下2階)

JR山手線「新橋」より徒歩5分

都営大江戸線「汐留駅」(新橋駅方面出口)より徒歩2分

ゆりかもめ「汐留駅」(東出口)より徒歩2分

 

併設カフェ:なし

 

併設ショップ:あり

(専門書籍以外に、ミュージアムオリジナル商品も多数)

 

図書コーナー:あり(地下1階)

 

写真撮影:OK、図書コーナー内はNG

 

飲食:館内で飲食はNG

 

サービス:館内にトイレやエレベーターは、設置されていない。しかし、カレッタ汐留内には両方あり(多機能トイレも)

 

公式サイト:https://www.admt.jp/

 

地図: