はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

アジサイの名所「飛鳥の小径」飛鳥山公園内

 

京浜東北線「王子駅」南口の近くには、桜の名所「飛鳥山公園」がある。

 

その飛鳥山公園の端に、知る人ぞ知るスポットがある。「飛鳥の小径」と呼ばれる通り。

 

名称からでは、どういった通りなのか想像できないかもしれない。実は、とある花が、梅雨の時期に咲き乱れる通りである。ご想像のとおり、梅雨といえば、この花といっても過言ではない。アジサイの花である。

 

本日の訪問先

飛鳥の小径

『飛鳥の小径』

 

「飛鳥の小径」は、アジサイの名所ともいえる通りになっている。場所は、飛鳥山公園とJR線路の間。用がなければ、たぶん通らないだろう。

 

飛鳥の小径

小径(コミチ)なので、見て分かるように、人がギリギリすれ違える幅しかない。

 

飛鳥の小径

冬に行くと、小径には何も咲いていない。ただの「枯れ木」の道であるため、人も全くいない。

(飛鳥山公園には、椿が咲いていた)

 

梅雨の時期である、5月下旬から6月下旬に行くと、アジサイが咲き乱れているらしい。その光景は、とても美しいと評判になっている。

 

そのため、梅雨の時期には、アジサイを見に来た人で、「飛鳥の小径」がごった返す様子。

 

飛鳥の小径

 

東京都北区のホームページによると、約350mの「飛鳥の小径」に沿って、アジサイが1300株ほど植えられているとのこと。

 

ぜひとも、梅雨の時期に再度訪れたい場所!

 

 

 

飛鳥の小径