はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

王子駅「お札と切手の博物館」

 東京都北区王子に、

 独立行政法人国立印刷局が運営する、

 「お札と切手の博物館」がある。

 大蔵省印刷局の創立100年を記念し、

 市ヶ谷に開設された。

 しかし事業仕分けによって閉館となり、

 規模を縮小し、王子に移転。

お札と切手の博物館

 ちなみに国立印刷局とは、

 紙幣、切手、政府刊行物等の印刷、

 を行っている独立行政法人。

お札と切手の博物館

 そのため博物館内には、

 紙幣や切手についての展示が充実。

お札と切手の博物館

 紙幣が刷られている装置の模型。

 実物のミニチュアサイズ、ちゃんと動く。

お札と切手の博物館

 紙幣の特殊なインクが見える装置

 赤いボタンは通常のライトだが、

 緑のボタンは紫外線。

 お札には特殊発光インクがついており、

 紫外線があたるとインクが浮かび上がる。

お札と切手の博物館

 紙幣の透かしを見られる展示

お札と切手の博物館

 赤いボタンを押すと、ライトがつき、

 透かしが分かる。

お札と切手の博物館

 1億円の重さを体験できるコーナー

お札と切手の博物館

 目打ち体験とスタンプコーナー

 目打ちとは切手のまわりにあいている、

 切り取り用の穴のこと。

 以上が、1階の展示。

お札と切手の博物館

 2階の展示

お札と切手の博物館

 日本の珍しい切手だけでなく、

お札と切手の博物館

 世界中の珍しい切手がある。

お札と切手の博物館

 デザインや素材にユニークなものが多い。

お札と切手の博物館

 切手自体に興味がなくても、

 見ていて飽きない。

お札と切手の博物館

 また、世界の珍しい紙幣も展示されている。

 

 訪問する前まで、

 入場無料なうえに、

 仕分けされた博物館のため、

 しょぼいのかと思っていた。

 けれど、行ってみると、

 お札や切手の印刷・偽造防止方法や、

 世界中の珍しい紙幣や切手の展示など、

 誰にでも分かりやすく勉強になる。

 お札・切手の発行がどれだけ大変か、

 よく分かる博物館。

 

 

 お札と切手の博物館 HP

 開館時間:9時30分から17時

 休館日:年末年始、臨時休館日

 月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)

 入場料:無料

 電話番号: 03-5390-5194

 住所:〒114-0002 東京都北区王子1-6-1

 東京メトロ南北線王子駅(1番出口) 徒歩3分

 京浜東北線王子駅(中央口) 徒歩3分

 都電荒川線王子駅前 徒歩3分