はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

ニュークロップが味わえる「キャピタルコーヒー本社店」文京区

 

キャピタルコーヒー、伊勢丹新宿店、小田急百貨店本館、東武百貨店池袋店など多くの百貨店で、コーヒー豆の販売を行っている会社。

 

本社は文京区本駒込にあり、1階はカフェになっている。そこでは、ニュークロップと呼ばれるコーヒーを飲むことができる。

 

ニュークロップとは、新年度のコーヒー豆のことを指す。イメージでいうと、お米の新米みたいなもの。

 

本日の訪問先

キャピタルコーヒー
『キャピタルコーヒー』

 

本社1階が、カフェとコーヒー豆関連の販売コーナーになっている。カフェは、どなたでも利用できる。

 

 

いざ、カフェ!

キャピタルコーヒー

 

入り口はいってすぐに会計があり、先に注文してから席につくシステムになっている。

 

コーヒーだけでなく、サンドイッチ、ピザ、パスタ、ケーキなど、食事メニューも豊富にそろっている。

 

コーヒーゼリー 361円

グルメコーヒー 453円

 

以上、オーダー!

 

グルメコーヒーは月替わりで、全てニュークロップコーヒーである。(新豆のコーヒー)

 

 

グルメコーヒー(ニュークロップコーヒー)

ニュークロップコーヒー

普通のコーヒーと見た目の違いは、あまりない。しかし、香り・味ともにおいしい。

 

だが、ニュークロップだから美味しいのか、キャピタルコーヒーの淹れ方が上手いのか判断が難しい(笑)それに、その両方かもしれない。

 

 

コーヒーゼリー

キャピタルコーヒー

糖分は入っておらず、コーヒーをそのままゼリーにした味になっている。そして、少し酸味がある。

 

店内

キャピタルコーヒー

 手前が禁煙席、扉の奥が喫煙席

 

 お手洗いは、 喫煙席を通った奥にあるので、 タバコ嫌いの人には苦である。

 

 

ニュークロップコーヒーとは?

ニュークロップ

 英語表記だと「New Crop」

 

新しい収穫物(Crop)、つまり新豆のこと。

 

コーヒー豆は1年に1回収穫される。そして収穫された年度の豆が、「ニュークロップ」、または、「カレントクロップ」と呼ばれる。その中でも、収穫したての豆を「ニュークロップ」という。 

 

コーヒー豆の収穫された年度というと、1月から? 4月から? それとも9月から? と疑問を抱く人も多いのでは。

 

この辺りを説明すると、コーヒー豆の1年は、毎年10月から始まり翌年9月末までの1年間を指す。その間は、同じ年度の豆として扱われる。さらに区別したい場合は、前述したように、新しい豆を「ニュークロップ」、古い豆を「カレントクロップ」とする。(何ヶ月以内というような明確な区別はない)

 

というわけで、「ニュークロップコーヒー」とは、今年度収穫されたての生豆を使ったコーヒー。

 

参考までに、コーヒー豆(生豆)は、収穫された時期によって4つに分類される。「ニュークロップ」「カレントクロップ」「バーストクロップ」「オールドクロップ」の4種類。「バーストクロップ」は、前年度の生豆。「オールドクロップ」は収穫されてから2年以上たった生豆。といった具合に、分かれている。(古い生豆ほど、豆内の含水量が下がる)

 

 

まとめ

「ニュークロップ」は収穫したてのコーヒー豆なので、水分を多く含んでいる。そのため、焙煎が非常に難しい。そういったことから、多くのカフェではなかなかお目にかかることができない。

 

しかし、キャピタルコーヒー本社店では、貴重で焙煎が難しいコーヒー、「ニュークロップ」の独特な香りと味わいを毎月、月替わりで楽しめる。

 

そして、食事メニューも沢山あるので、頻繁に訪れても飽きることはない。

 

コーヒー好きなら、毎月どころか毎週訪れたくなるお店。席の座り心地も良いので、「ニュークロップ」以外にも、本物のコーヒーを落ち着いて、ゆっくりと味わえる。

 

 

 

キャピタルコーヒー本社店

住所:東京都文京区本駒込6-1-9

都営三田線「千石駅」より徒歩3分

 

電話番号:03-3944-0727

 

営業時間:9時から20時まで

 

定休日:なし

 

公式サイト:http://www.capital-coffee.co.jp/

 

地図: