はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

あっぱれ!「大学いも千葉屋」台東区浅草

 

浅草といえば、雷門。雷門のある浅草寺周辺は、古くから門前町として栄えていた。

 

その浅草寺のさらに北。観光地っぽい雰囲気が、ほとんどしない。近年多い外国人旅行者も、あまり見かけない。「裏浅草」と呼ばれる地域である。

 

地元の人が多く、観光地価格の店は少ない場所。評判の芋屋があるという

 

 本日の訪問先

大学いも千葉屋

『大学いも 千葉屋』

 

創業1950年の、老舗の芋屋。メニューは、なんと3種類のみ!

 

大学いも

言わずもがな定番品。輪切りにされたいもを揚げ、蜜がかかっている。

(400g・740円)

 

切揚

細くスライスし揚げられて、蜜がかかっている。

(400g・740円)

 

ふかしいも

名前の通り、ふかされたいも。

(200g・370円)

 

 

お昼過ぎに訪れると、「切揚」は既に売り切れ。(いつも昼には売り切れているらしい)「大学いも」と「ふかしいも」は、店頭に残っていた。奥では、まだ店員さんが、いもを揚げていた。たぶん「大学いも」をつくっている様子であった。

 

初めて来たお店なので、とりあえず店名にもなっている「大学いも」をオーダー!

 

400gは多い気がしたので、200gでも買えるかどうか確認。すると「大丈夫」とのこと。けれど、100gの購入はNGとのこと。300gは不明。

 

 

いざ、大学いも!

大学いも千葉屋

 

「外袋」→「紙袋」→「ビニール袋」としっかりと包装されていた。最後のビニール袋の中に、大学いもが入っている。

 

買ってすぐ食べたい人のために、「竹串」は、お会計のレジに置かれている。

 

大学いも千葉屋

蜜がたっぷり。

 

よくある大学いもと違い、乱切りでも、スティックタイプでもない。均一の厚さに輪切りされ、全てに角がある。

 

芋は、200gで5切れ入っていた。蜜(みつ)は、ほどよい甘さ。不思議なことに、ベトベトではなく、キレがよい!

 

肝心のさつまいも、文句なしに美味しい!

 

ほくほくしており、素材の味がしっかりと伝わってくる。

 

そして、蜜、芋、少量のごまと、全てが調和されており、完成された大学いもになっている!

 

 

 

まとめ

大学いも千葉屋

 

訪れて思ったことは、味だけでなく、売り方もうまい!

 

400g・780円と書けば、大概の人は400gで買ってしまうだろう。(400gでしか買えないと思うため)

 

もし、「200gでも買えます」と書いてあった場合。初めてのお客さんなら、美味しいかどうか知らないので、お試し感覚で200gを買う。(実際、私もそうであった)400gだと多いなと思うお客も、200gで買えることを知っていれば、その量で買うから。なかなか人間の心理をついた販売手法だなと感心した。

 

とはいえ、それを抜きにしても、大量買いしたくなる美味しさである。

 

揚げたサツマイモに、蜜をかけたシンプルな大学いも。

 

だからこそ奥が深い。

 

あっぱれ!

 

 

 

大学いも千葉屋 基本情報

住所:東京都台東区浅草3-9-10

都営浅草線・銀座線「浅草駅」より徒歩10分

 

電話番号:03-3872-2302

 

営業時間:平日10時から18時まで、土曜・日曜10時から17時まで

 

定休日:火曜

 

地図: