はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

無料エリア編「日本サッカーミュージアム」新御茶ノ水駅

日本サッカー

 

日本サッカーの始まりは、

蹴鞠といわれている。

 

それは、

中国の蹴鞠(Cuju)が伝来したもの。

 

 

 

サッカー通り

日本サッカーミュージアム

東京都文京区に、

日本サッカー協会はある。

 

それゆえ前の道が、

サッカー通りという名前。

 

本日の訪問先

日本サッカーミュージアム

協会ビル内に、

『日本サッカーミュージアム』がある。

 

日本サッカーの歴史を物語る品が、

数多く展示されている。

 

1階と地下1階は、無料エリア

地下2階は、有料エリア 

 

日本サッカーミュージアム入り口

日本サッカーミュージアム

 

 

ミュージアム 1階

階段を上るが、表記では1階。

 

イギリス式?

 

イギリスだと2階の表記は、1階。

 

1階は新着・情報コーナー

 

キリンチャレンジカップ2018関連

日本サッカーミュージアム

 

 世界のサッカー切手・グッズなど

日本サッカーミュージアム

 

 

空中ディスプレイ

日本サッカーミュージアム

特に驚いたのが、これ。

 

未来感が凄い!

 

サッカーとは関係ないが(笑)

 

本当に映画の世界のように、

空中にディスプレイが見え、

それに触れて操作できる。

 

日本サッカーミュージアム

 

通常は、

手をディスプレイに近づけると、

右下の赤と白の手が表示される。

 

それによって、

反応する場所が視覚で認識できる。

 

日本サッカーミュージアム

右下:

赤と白の手が切れているところが、

空中ディスプレイの端

 

右上:

マップへ戻るは画面の一部

 

ミュージアム 地下1階

 

Jリーグコーナー

日本サッカーミュージアム

各チームのユニフォームやグッズが展示。

 

足元をみると、

サッカー選手の足跡が。

 

三浦知良、中山ゴン、中村俊輔など。

 

Jリーグ杯との記念撮影スポット

日本サッカーミュージアム

 

 日本サッカー殿堂

日本サッカーミュージアム

日本のサッカーの発展に尽力した人物の、

レリーフが展示されている。

 

ジーコ、ラモス瑠偉など。

 

日本サッカーミュージアム

中は、厳かな雰囲気

 

地下1階にはこれ以外に、

ショップがある。

 

日本代表応援グッズから、

ユニフォームまで様々な商品を販売。

 

アディダスショップも併設されているので、

サッカー関連のアイテムもあり。

 

無料エリアは、以上。

 

もう十分と思えるぐらい内容は濃いが、

まだ有料エリアがある。

 

それは、また次回に。

 

 

<雑学>サッカーの発祥地は、中国?

中国から日本に伝来した蹴鞠。

 

紀元前3から2世紀頃には、

既にあったとされている。

 

それゆえか、

2004年FIFAの会長は、

第3回中国国際サッカー博覧会の開幕式において、

「世界のサッカーの発祥地は、中国」と宣言。

 

そして、

蹴鞠(サッカー)の伝播地図がある

中国山東省の淄博市(しはく市)に、

「サッカー発祥の地」の認定証を送った。

 

地図には、中国からのびた細い線が、

最後イングランドに到達している。

 

このことに、イングランドは激怒。

 

それまでサッカーの起源は、

イングランドが有力であったため。

 

確かに、世界各地で、

サッカーに似た球技はある。

 

しかし、

サッカーの正式ルールが生まれたのは、

イングランドではないだろうか。

 

近代サッカーの起源→イングランド

球蹴りの起源→中国

みたいなイメージかな。

 

 

 

日本サッカーミュージアム  

開館時間:火曜~金曜 13時から18時

     土日祝日 10時から18時

休館日:月曜(祝日の場合、翌日休館)

入館料:大人500円 小人300円

(1階・地下1階は無料、有料エリアは地下2階)

電話番号: 050-2018-1990

住所:東京都文京区本郷3-10-15

サッカー通り・JFAハウス

各線「御茶ノ水駅」より徒歩6分

千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩6分

公式サイト:

地図: