はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

グリーンドームねったいかん「熱帯環境植物館」板橋区高島平

 

焼却炉(清掃工場)があるところのそばには、ジムやプールなど行政施設があることが多い。

 

ここ板橋区も例外ではなく、焼却炉のそばに温水プール施設がある。そのうえ、通称「グリーンドームねったいかん」と呼ばれる植物園まである。

 

植物園は、板橋清掃工場の余熱を使った施設。なんと植物だけでなく、水族館もある。ただし、本格的なものではなく、ミニなのであしからず。

 

本日の訪問先

板橋区立熱帯環境植物館

『板橋区立熱帯環境植物館』(グリーンドームねったいかん)

 

植物園とミニ水族館が合わさった施設になっている。

 

それでは、施設のご紹介!

 

施設入り口

板橋区立熱帯環境植物館

まずは入口、あまり植物園っぽくないような雰囲気。

 

中に入ると、自動券売機があり、入場券を買うシステム。

 

館内の順路は、まず地下1階から見学するようになっている。

 

 

施設 地下1階

板橋区立熱帯環境植物館

入場券を買い、階段を降りると大きな木がデーン!とある。そのまま進むと、ミニ水族館へ。

 

ミニ水族館

板橋区立熱帯環境植物館

海水・汽水・淡水の3種類に分かれている。

 

板橋区立熱帯環境植物館

東南アジアの生態系が中心になっている。みんな大好き、クラゲもいるよ!

 

階段を上がると、次のエリアになる。

 

施設 1階

温室ゾーン

板橋区立熱帯環境植物館

「熱帯低地林」「熱帯の河口域植物」「集落景観」と3つテーマに分かれている。実際の植物もそれぞれ生息している地域が違う。そのため、それに合わせて展示の様子を3つに分けている。

 

絞め殺し植物

板橋区立熱帯環境植物館

他の木に巻きついて成長する。まるで絞め殺しているように見えるため、こういう名がついている。実際、中の木が殺される場合もある。

 

お馴染みパパイヤ

板橋区立熱帯環境植物館

 

カカオ

板橋区立熱帯環境植物館

 

陸ガメ

板橋区立熱帯環境植物館

「ムっちゃん」と名付けられ人気者

 

集落景観の一部

板橋区立熱帯環境植物館

館内には、集落感を出すため、小屋がある

 

板橋区立熱帯環境植物館

マレーハウスと呼ばれている小屋。

 

板橋区立熱帯環境植物館

実物大バナナの葉や、水槽など展示されている。東南アジアの熱帯地域に実際ある集落をイメージ。

 

蛸の足のようなビヨウタコノキ

ビヨウタコノキ

蛸足みたいな部分は気根と呼ばれる。気根は、空気中に露出している根のこと。

 

ビヨウタコノキ

直立した幹から気根が出て、地面に向かっている。

 

ビヨウタコノキ

幹真ん中上部から、地面左下へ伸びている。

 

ビヨウタコノキ

ビヨウタコノキの実も見られた。

 

食虫植物コーナー

板橋区立熱帯環境植物館

 様々な食虫植物が並べられている。食虫植物、虫を食べる植物として有名。実際には、虫を食べると枯れてしまう種類もあるらしい。虫を食べなくても、普通の植物同様すくすく育つとのこと。

 

施設 2階

 冷室ゾーン

板橋区立熱帯環境植物館

温室ゾーン同様湿度はあるが、とても涼しい環境になっている。

 

その冷室を通り過ぎと

 

アジアンフード喫茶室クレア

板橋区立熱帯環境植物館

土・日・祝のみ営業の喫茶店。平日は、休憩室になっている。

 

さらに進むと

 

企画展示室

板橋区立熱帯環境植物館

トロピカルフルーツ展が開かれていた。(2019年3月3日まで)

 

板橋区立熱帯環境植物館

このエリア、匂う!!!

 

いい香りではなく、どちらかいうと臭い。

 

何故だと思って歩いていると

 

板橋区立熱帯環境植物館

ドリアン!

 

匂いが強烈なためか、容器から香りがただ漏れになっている。

 

エリア一帯がドリアン臭(笑)はっきり言ってクサイ(笑)

 

まるで生ゴミのような匂い。食べると美味しいというが。

 

 

まとめ

板橋区立熱帯環境植物館

 

植物の種類や水族館の魚の種類は、ご覧の通りあまり多くない。

 

また予算が少ないからか、すごい手作り感があふれている。

 

けれど、実が出来ている植物には、実がついているマークや、絞め殺し植物やビヨウタコノキもそうだが、素人にも分かりやすく解説が書かれている。

 

企画展示室も来た人が楽しめるように、切ったドリアンなど実物が置いてあり、より一層植物に興味を抱くようになっている。

 

また、植物の無料配布が定期的に行われているので、家で育てることもできる。

 

このように植物館は、職員によって様々な工夫が凝らされている。そのため、企画展示内容が変わるたび、あるいは、館内の花が咲く時期には、行きたくなる植物館!

 

 

デート向き ★★★☆☆

子ども向き ★★★☆☆

外国人向き ★☆☆☆☆

(5段階評価、★が多い方が向き)

 

 

 

板橋区立熱帯植物館

開館時間:10時から17時まで

 

休館日:年末年始、月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)

 

入館料:大人260円・小人130円

 

電話番号:03-5920-1131

 

住所:東京都板橋区高島平8-29-2

都営三田線「高島平駅」(東口)より徒歩7分

 

駐車場:なし

 

併設カフェ:あり(2階)

土・日・祝のみ営業、11時から17時まで。

 

図書コーナー:あり(2階)

 

サービス:多機能トイレあり(2階・地下1階)、エレベーターあり

 

イベント:植物に関することから、あまり関係のない缶バッジ作りなど様々なイベントが開かれる

 

公式サイト:

http://www.seibu-la.co.jp/nettaikan/

 

地図: