はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

ツッコミ待ち?!豊島区南池袋にある「老眼めがね博物館」へ

 

メガネ女子、メガネ男子、伊達メガネなど、メガネが付く言葉は多い。そして、実際にメガネをかけている人もたくさんいるだろう。 

 

知る人ぞ知る。メガネの面白いところが、豊島区の南池袋にある。

 

池袋駅からジュンク堂書店横。東通りに入り、少し歩く。

 

すると、インパクト抜群の建物が目に付く!

 

なんやこれ (・д・)ノ゛

 

本日の訪問先

老眼めがね博物館

『老眼めがね博物館』

 

博物館という名称がついている。しかし、ミュージアム要素は0だ。1ミリもない。ひょっとすると、「博物館とは何」と哲学的なテーマをあえて投げかけてきているのかもしれない。

 

違うか (・д・)ノ゛

 

外観からも分かるように、実体は博物館ではなくメガネ屋さんである。

 

なんで博物館やねん (・д・)ノ゛

 

老眼めがね博物館

買い物用のカゴは、ケロリンの桶になっている。なつかしい。若い世代の人には、なじみがあるのか分からない。銭湯で、よく見かけるものだ。

 

風呂かよ (・д・)ノ゛

 

老眼めがね博物館

名前の通り、店内は眼鏡だらけ。

 

眼鏡の大洪水や~~~

 

溺れてまうやん (・д・)ノ゛

 

老眼鏡だけでなく、サングラスや伊達メガネなども大量に置かれている。

 

なんで店名老眼やねん  (・д・)ノ゛

 

老眼めがね博物館

天井まで眼鏡がびっしり

 

なんで天井まであるねん (・д・)ノ゛

 

めっちゃホコリとか溜まりそうだが。

 

掃除どうすんねん (・д・)ノ゛

 

老眼めがね博物館

気に入ったものは、ここでお会計する。

 

なぜか古時計が置かれていたので、よく見ると。

 

時計修理もやってんかい (・д・)ノ゛

 

老眼めがね博物館

支払方法は、様々な種類がある。

 

金券もお金や (・д・)ノ゛

 

 

まとめ

老眼めがね博物館

 いったい何万本あるのか、数えきれないほど眼鏡が沢山ある店。

 

値段は、ほとんどのものが500円以下。

 

100均の方が安いやん (・д・)ノ゛

 

老眼めがね博物館

建物壁に付けられた眼鏡は、いったいどのようにメンテナンスをしているのだろう。

 

太陽光にあたると、プラスチックすぐに劣化する・・・。

 

手入れどうすんや (・д・)ノ゛

 

老眼めがね博物館

建物側壁は、いたって普通の壁になっていた。

 

普通かい (・д・)ノ゛

 

色々ツッコミ待ちなのか、ちょいちょいお笑い要素があるお店。また、メガネの数がめちゃくちゃ多いので、何か掘り出し物はあるかと探すと面白い。

 

安さを求めるのではなく、エンターテインメントである!

 

店の雰囲気に圧倒され、そのまま店を後にした

 

買わんのかい (・д・)ノ゛

 

 

デート向き ★★☆☆☆

こども向き ★☆☆☆☆

外国人向き ★☆☆☆☆

(5段階評価、★が多い方が向き)

 

 

 

老眼めがね博物館 基本情報

開館時間:10時30分から19時まで

 

休館日:毎週水曜

 

入館料:無料

※博物館ではなく、眼鏡屋さん

 

電話番号:03-3984-5652

 

住所:東京都豊島区南池袋3-16-9

各線「池袋駅」より徒歩5分

 

公式サイト:

http://rougan-megane.sakura.ne.jp/index.html


地図: