はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

墨田区「塩パン屋パン・メゾン」へ、元祖塩パンの姉妹店

 

塩パン、知っている人も知らない人もいるだろう。「塩」と「パン」。要するに、パンに塩がふられたものである。パン屋へ行っても、店によっては置いていたりいなかったりする。

 

そんな塩パンだが、昔はなかった。見かけるようになったのは、2010年代後半に入ってからではないか。どこで発祥したかというと、驚くなかれ愛媛県である。2000年代半ばから作られた。

 

そのお店の姉妹店が、東京の墨田区にある。2018年にオープンした。

 

本日の訪問先

塩パン屋パン・メゾン

『塩パン屋パン・メゾン』

 

本店は、愛媛県八幡浜市にある。1日6000個以上塩パンが売れるとのこと。

 

塩ミルクフランス 150円

明太ポテサラ  150円

塩パンに合うコーヒー 50円

(パン・メゾンのオリジナルブレンド)

 

以上、オーダー!

 

 

いざ、塩パン!

塩パン屋パン・メゾン

奥:明太ポテサラ

手前:塩ミルクフランス

 

大きさは10㎝ちょいで、そんなに大きくない。しかし、中に具が入って150円は、お手頃価格である。

 

また、多くの人に買ってもらいたいからか、1商品当たりの購入数に制限がある。

 

塩ミルクフランスは、2種類のクリームが入っていた。明太ポテサラは、期待通りの明太ポテサラ。

 

両方とも、旨し!

 

 

塩パンについて

塩パンそのものは、外はしっかりしているが、カリカリほどではない。そして、中はふっくら。

 

焼く前の生地に大量のバターを巻き、焼き上げているため、こうなるらしい。(焼きたては、塩パンの底が、溶けたバターでカリカリになる)

 

バターが多いとはいっても、ペロリと食べてしまえるほどライトな口当たり。

 

パンの分類でいうと、ソフトフランス。(フランスパンより柔らかく、バターロールより硬い)それに、塩がのっているイメージ。

 

その塩が、塩辛いわけでなく、よい塩梅!

 

 

まとめ

塩パン屋パン・メゾン

塩パン専門店として、塩パンだけでなく、中に具材をサンドしたもの、メロンパン風のもの、フレンチトースト風のもの、など様々なバリエーションがあるので、飽きない!

 

そして、バターがたっぷり入っていて、これだけ良心的な値段で提供しているパン屋努力に感動した。(塩パン・1個100円)

 

また、安いだけでなく、美味しいのでさらに感動!

 

行列ができていたのも納得できるし、個数制限があるのもうなずける。

 

このクオリティのまま、他の場所にもオープンしていただけると嬉しい。できることなら、家のそばにお願いしたい(笑)

 

 

 

塩パン屋パン・メゾン 基本情報

住所:東京都墨田区吾妻橋2-4-1

都営浅草線「本所吾妻橋駅」より徒歩3分

各線「浅草駅」より徒歩8分

 

電話番号:03-6240-4777

 

営業時間:7時30分から19時まで

 

定休日:火曜

 

地図: