はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

大阪寿司のお店「八千穂寿司」豊島区巣鴨

節分になると、「鬼は外、福は内」といって豆まきをした人も多いだろう。節分は字のごとく「節」を「分」ける。つまり季節を分けるという意味があった。今日では、立春の前日を指すことが多い。(立春とは、春の訪れ日)

 

豆まき以外にも行う出来事、それが「恵方巻」である。大阪発祥の文化といわれている。もとは関西圏の文化であったが、近年東京含め全国的に知られるようになった。

 

食べたことのない人もいるかもしれない。いってみれば、太巻きである。それなら食べことのない人はいないはず。

 

2月3日は節分の日

八千穂寿司

 大阪発祥、せっかくなら大阪寿司のお店で買ってみよう!

 

八千穂寿司

ということで、巣鴨駅の近く『八千穂寿司』へ伺う。

 

節分の日なので、もちろん恵方巻があった。

 

恵方巻 800円

太巻  780円

 

「この20円の差はなんだろう」と気になった。

 

しかし、あいにく太巻は売り切れのため、恵方巻のみ購入。

 

いざ、恵方巻!

八千穂寿司

太巻の紙に、恵方巻のシールが貼られている。

 

まさか、これが20円の差?!(笑)

 

八千穂寿司

御開封!

 

長さ18㎝×幅5㎝×高さ4㎝

 

ものすごい太いわけではないが、なかなかの太さ。

 

八千穂寿司

具は端までびっしりと入っている。

 

八千穂寿司

中身は、 胡瓜、高野豆腐、でんぶ、だて巻。

 

まとめ 

八千穂寿司の恵方巻、やはり機械で作られたものとは違う。手巻きのふんわりとした握られぐあいが、伝わってくる。

 

「めっちゃうまいやん!」と大阪弁になっちゃう旨さ。

 

そして店員のおばさんが良い意味で、大阪のおばちゃん的な親切丁寧さ。太巻がないことを丁寧に謝られた。こちらが恐縮しそうになってしまうやん。

 

さすが、大阪寿司のお店『八千穂寿司』味も心もめっちゃ大阪風?!

 

 

 

八千穂寿司 基本情報

住所:東京都豊島区巣鴨1‐18−9

JR山手線「巣鴨駅」から徒歩2分

 

電話番号:03-3945-4080

 

営業時間:10時から19時頃

 

定休日:月曜

 

地図: