はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

奇数月のみOPEN!「吉村順三記念ギャラリー」豊島区目白

 

とある看板が目にとまった

 

吉村順三記念ギャラリー

 

はじまったばかり

 

これも何かの縁かと思い中へ



本日の訪問先

吉村順三記念ギャラリー

『吉村順三記念ギャラリー』

 

吉村順三が仕事場としていた建物1階が、

展示会場として開放されている。

 

展示は、

奇数月最初の土曜・日曜から4週8回にわたって開催。

 

吉村順三が考える建築への思い、

設計に対する姿勢を学べる内容になっている。

 

 

吉村順三について

1908年東京都生まれ

東京藝術大学で建築を学ぶ

卒業後、アントニン・レーモンドに師事

1941年吉村順三設計事務所を開設

1962年東京藝術大学教授に就任

1997年死去

 

 

代表的な作品

箱根ホテル小涌園

軽井沢の山荘

愛知県立芸術大学

青山タワービル・タワーホール

八ヶ岳高原音楽堂

奈良国立博物館東新館

 

 

ギャラリー内について

吉村順三記念ギャラリー

 

入ると受付があり、

記帳し入館料を支払うシステム

 

大人500円 学生300円

 

そして、

受付横にあるポストカードと

次回の展覧会案内はがきを受け取る。

 

 

ポカティコヒルの家模型

吉村順三記念ギャラリー

アメリカ・ニューヨーク市の郊外

ポカティコヒルの丘に建てられた住宅

 

この模型、返してもらうのが大変だったらしい・・・。

(相手方は貰ったものと思っていたみたい)

 

吉村順三記念ギャラリー

 

 

1948年ニューヨーク国際繊維展 日本館

吉村順三記念ギャラリー

 

当時の設計図は手書きであったため、

吉村順三の直筆サインが残っている

 

吉村順三記念ギャラリー

 

ほかにも

1956年 NYの日本航空事務所

1958年 NYの高島屋

1974-1976年 NYのホテル北野

など設計図が展示されている。

 

 

応接室

吉村順三記念ギャラリー

 

吉村順三の建築は

「そこに居て落ち着けて気持ちが良い」

と言われる。

 

この応接間も、同様。

 

スペースの無駄を省き、

使う人に合わせている。

 

動く照明

吉村順三記念ギャラリー

「天井に器具をつけず、部屋の真ん中に明かりが欲しい」

という希望により造られた照明

 

部屋の端っこを起点に、

2mほどの長い棒が伸びていて、

その先に照明器具が付いている。

 

吉村順三記念ギャラリー

 

この起点から棒を動かせば、

照明器具が円を描いて動く、

という仕組み。

 

 

直筆の設計図

吉村順三記念ギャラリー

 

応接室には、

吉村順三の設計図が、

建物ごとにファイリングされており、

ゆっくり見ることができる。 

 

 

 

まとめ

今回訪れた

吉村順三記念ギャラリー、

ふらっと訪問するには

だいぶハードルが高かった(笑)

 

恥ずかしながら

実は日本の近代建築巨匠吉村順三のことを、

ほとんど存じ上げなかったため、

図面を見てもいまいちピンとこなかった。

 

というのが、正直な感想。

 

建築系の学生や仕事に携わっている人なら、

建物の設計図や模型があるので楽しめるだろう。

 

それに中のスタッフも

設計に詳しい方ばかりなので、

建築談義に花を開かせることができるはず。

 

何か質問あれば、

いつでも声をかけてくださいと言われたが、

質問か・・・となるため、

建築素人の方は

下調べしてから入ったほうが絶対良い!

 

最後に、

一度入館料を支払うと、

同じ展示を別日に訪れても、

再度費用はかからない。

 

楽しかった方は何度でもどうぞ!

 

 

 

吉村順三記念ギャラリー

開館時間:13時から17時

休館日:平日、偶数月

(開館は、奇数月の土曜・日曜のみ)

入館料:一般500円 学生300円

(同展会期中は、何度でも入館可)

電話番号: 03-5342-5655

住所:東京都豊島区目白3-8-6

JR山手線「目白駅」より徒歩6分

公式サイト:

www.yoshimurajunzo.jp

地図: