はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

自家製プリンのお店「豆電カフェ」北区赤羽

 

プリン、みんな大好きなデザート。

 

様々なプリンがある中、やはり王道といえば、黄色いプリンに、カラメルソースではないだろうか。

 

いわゆる、カスタードプリンである。

 

本日の訪問先

自家製プリンで有名なお店が赤羽にある。もちろん、カスタードプリンである。

 

『豆電カフェ』

 

赤羽駅から歩くと、だいたい10分弱ぐらいで店に着く。

 

店の入り口は、分かりにくいので素通り注意!

 

東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅の方が、店には近い。

 

いざ、カフェ!

12時ごろにお店へ行くと、店内はすでに満席。そのため、外で待機。

 

ふと「まだ自家製プリンは、残っているのか?」「目的の品が残っていないのに、待っても意味がない!」と気になったので、もう一度中に入りお店の人に確認したところ、「若干残っている」と回答。

 

「若干とは、どのぐらい?」と思ったが、店員さんが忙しそうだったので、のどまで出かかった言葉を引っ込める(笑)

 

とりあえず、自家製プリンが残っていることに安心し、もう一度外へ。

 

合計20分ほど待ってから、席が空いたので、中に入る。

 

メニューをみると、「豆電コーヒー」と「入賞コーヒー」いったい、何が違うのか謎である。豆が違うのだろうか。

 

豆電コーヒーの下には、hot coffee

 

入賞コーヒーの下には、winner coffee

 

と表記があった。

 

「winner coffee」とは、あのウインナーコーヒーのこと?!(スペルは、違う気が・・・)

 

知らない方のために、「ウインナーコーヒー」とは、オーストリアで生まれた、コーヒーの上に、ホイップクリームをのせたもの。

 

 

良く分からないので、両方注文してみた。

  

自家製プリン 400円

豆電コーヒー 400円

入賞コーヒー 500円

 

注文してから10分ぐらいたち、プリンとコーヒーがきた!

 

 

入賞コーヒー

豆電カフェ

例の「winner coffee」である。

 

残念ながら、もしかしたらと期待していたウインナーコーヒーではなかった。ホイップクリームがのっているのではなく、入賞した豆を使ったコーヒーとのこと。

 

そのため、「豆電コーヒー」とは、使っている豆が違う。また、「入賞コーヒー」のカップはこのようにカラフルだが、「豆電コーヒー」は白いカップで提供されるという違いもある。

 

 

自家製プリン

豆電カフェ

肝心の自家製プリンである。

 

固めのプリンでカラメルがかかっており、その上にホイップクリームがのっている。

 

おいしい!

 

確かに評判になるだけの味だ。

 

お値段も400円とお手頃価格。

 

特に感動したのは、ホイップクリーム。

 

めちゃくちゃうまい。

 

注文が入ってから仕上げるようで、やわらかくクリーミ―。

  

器まで絵になる美味しいプリン。

 

ただ好みを言えば、カラメルソースにもう少しトロミと、プリンがもう少し柔らかい方がいい。

  

 

まとめ

評判になるだけあって、美味しいプリンのお店。

 

もしあなたが、豆電カフェに到着して、自家製プリンがあるかどうか不安な場合。

 

そんな時は、入り口をチェックしよう!

 

自家製プリンが品切れの場合、店の入り口に品切れと表記が出る。プリン目当てに来店した人が、あるかどうか分かるようになっている。(品切れていない場合は、表記なし)

 

自家製プリンは、日曜日だと午前中でなくなることもある。そのため、プリンが目当ての場合、早めの来店がオススメ!

 

 

 

豆電カフェ

住所:〒115-0045 東京都北区赤羽3-3-3

 

営業時間:10時から16時まで

 

定休日:水曜、土曜

 

WiFi:なし 

 

地図: