はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

精力善用・自他共栄「講道館柔道資料館」文京区春日

「柔道の父」あるいは 「日本の体育の父」と呼ばれた 嘉納治五郎(かのうじごろう) 2019年の大河ドラマ 『いたてん~東京オリンピック噺~』 の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の恩師でもある。 本日の訪問先 『講道館』 創始者の像 右側建物の玄関に、…

サンドパン「パンのカブト本店」新潟市中央区

サンドパン といえば、ポケモンNo.028ではなく レトロな袋に入ったコッペパンである! 本日の訪問先 『パンのカブト本店』 キャッチフレーズは、 「伝統とぬくもりのパンづくり」 さすが、1936年創業! 新潟県のお店である。 いざ、サンドパン! 194円 めち…

「フェニックス・モザイク」と「東洋学園史料室」文京区本郷

東京ドームから本郷へ向かう道のり 大きなモザイク画が目につく 本日の訪問先 『東洋学園大学』 壱岐坂通りに面しているので、 ご存知の方も。 壁画は、 まるでアントニオ・ガウディの モザイク装飾のよう。 フェニックス・モザイク 作品名『岩間がくれの菫…

研究員の気分に「東京大学総合研究博物館」文京区本郷

日本の最高学府と 称されることもある東京大学 この言い回し、実は誤用 最高学府とは、 最も程度の高い学問を学ぶ学校 つまり、 大学全般を指す言葉である。 現代なら、大学院にあたるのか。 なぜこの話をしたかといえば 本日の訪問先 『東京大学総合研究博…

きけ「わだつみのこえ記念館」文京区本郷

『きけ わだつみのこえ』 という本をご存知ですか 第二次世界大戦で戦没した 日本の学徒兵の遺書を集めた本 本日の訪問先 『わだつみのこえ記念館』 「わたつみの悲劇を繰り返さない」 誓いを後世に伝えていく施設とのこと。 場所は少しわかりにくいが、 歩…

初心にかえる「三菱史料館」文京区湯島

湯島にある旧岩崎邸庭園 岩崎家といえば、三菱財閥 それゆえ、 庭園近くに三菱の施設が 本日の訪問先 『三菱史料館』 正式名は、 公益財団法人三菱経済研究所付属三菱史料館 三菱経済研究所の1階に、 創業125年を記念し建設された史料館である。 展示につい…

奇数月のみOPEN!「吉村順三記念ギャラリー」豊島区目白

とある看板が目にとまった はじまったばかり これも何かの縁かと思い中へ 本日の訪問先 『吉村順三記念ギャラリー』 吉村順三が仕事場としていた建物1階が、 展示会場として開放されている。 展示は、 奇数月最初の土曜・日曜から4週8回にわたって開催。 吉…

福を招く「豊島ふくろう・みみずく資料館」豊島区南池袋

いけぶくろ (池袋) →いけふくろ →いけふくろう 本日の訪問先 豊島区立南池袋小学校内にある 『豊島ふくろう・みみずく資料館』 東大名誉教授・飯野徹雄、 拓殖大学教授・松浦千誉、 英国伯爵夫人・斉藤みね子、 福井章二郎から寄贈された 膨大なふくろうコ…

ころころじゃーにー第5弾「肉のハヤシ」豊島区南大塚

はい、本日はコロッケの旅。 コロッケ屋はどこや!!! と探そうかと思ったが、 ふと脳裏にあの店が! 大塚駅に来た時、 店の前を時々通るが、 揚げ物ケースに何も入っていない。 売り切れたのか、 注文してから揚げるスタイルなのか、 わからない。 という…

現存する区内最古の木造洋風建築「豊島区立雑司が谷旧宣教師館」東京都

雑司が谷を歩いていると 旧宣教師館通りという名前の通りが その通りの先に 本日の訪問先 『豊島区立雑司が谷旧宣教師館』 明治時代頃、 雑司が谷周辺は新興住宅地。 そして キリスト教伝道活動のため、 宣教師マーケレブの居宅が建設された。 宣教師マーケ…

ツッコミ待ち?!「老眼めがね博物館」豊島区南池袋

池袋駅からジュンク堂書店横 東通りに入り、少し歩くと 目を引く建物がある なんやこれ (・д・)ノ゛ 本日の訪問先 『老眼めがね博物館』 博物館という名称がついているが、 実体はめがね屋。 なんで博物館やねん (・д・)ノ゛ 買い物用のカゴは、ケロリン…

動態保存の先駆け「自由学園明日館・講堂」豊島区西池袋

帝国ホテルを設計したライトと その弟子・遠藤新が手掛けた建物 自由学園の校舎 自由学園について クリスチャンであった羽仁夫妻により、 1921年女学校として設立 従来の教育ではなく、 キリスト教に基づいた人間教育を実践。 生活すべてを学びの場と考えて…

シャツ?!「手造り餃子の店いろは」荒川区南千住

チンチン電車 都電荒川線の終点であり、始発 三ノ輪橋駅 駅から徒歩数秒のところにお店が 本日の訪問先 『手造り餃子の店 いろは』 カウンター数席しかなかったので、 テイクアウト中心かな。 そのためか、 テイクアウトとイートインでは、 値段は同じだが餃…

中村屋サロンの中心人物「中村彝アトリエ記念館」新宿区下落合

「彝」 何と読むのか疑問を抱いた方が大半だと もし読めた方は、漢字検定1級レベル! 正解は、「つね」 本日の訪問先 『中村彝アトリエ記念館』 中村彝が実際に使用していたアトリエが、 復元整備されている。 複製原画や、中村彝についての展示もあり。 入…

グワシ!!!「切手の博物館」豊島区目白

以前訪れた、お札と切手の博物館 そのとき、 切手マニアにはたまらない場所 と聞いていたところがある 本日の訪問先 『切手の博物館』 郵便切手の専門博物館 豊富な関連資料がそろっている。 1階には展示室とミュージアムショップ 2階には図書室 3階にも展示…