はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

クラック・デ・シュヴァリエ、逸話の多い要塞

クラック・デ・シュヴァリエ

クラック・デ・シュヴァリエ

フランス語「Krak des Chevaliers」

 

クラック・デ・シュヴァリエ

「Chevaliers」は、騎士という意味だが、

「Krak」という単語は、フランス語にない。

 

クラック・デ・シュヴァリエ

中東のキリスト教徒によって用いられていた

典礼言語古典シリア語にある「karak」から、

「krak」になったのではないかとされている。

 

Krak des Chevaliers

「karak」は、砦という意味

 

クラック・デ・シュヴァリエ

「騎士の砦」

それがクラック・デ・シュバリエの日本語訳

 

クラック・デ・シュヴァリエ

この砦は、

アレッポを支配していたミルダース朝によって、

1031年に要塞化。

 

クラック・デ・シュヴァリエ

その後十字軍の支配下となり、

聖ヨハネ騎士団によって現在の姿となる。

 

クラック・デ・シュヴァリエ

宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』の

モデルではないかという話や、

 

クラック・デ・シュヴァリエ

映画『アラビアのロレンス』の主人公モデル

トーマス・ロレンスは、

世界で最も美しい城塞と称えた話など。

 

クラック・デ・シュヴァリエ

それだけ逸話の多い要塞

 

クラック・デ・シュヴァリエ

山の上に築かれ、外観だけではなく、

中身の装飾も美しい。

 

クラック・デ・シュヴァリエ

多くの人を虜にし、今に残る

 

 

「クラック・デ・シュヴァリエ」位置