はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

ころころじゃーにー第5弾「肉のハヤシ」豊島区南大塚

 

はい、本日はコロッケの旅。

 

コロッケ屋はどこや!!!

 

と探そうかと思ったが、ふと脳裏にあの店が!

 

大塚駅に来た時、店の前を時々通るが、揚げ物ケースに何も入っていない。

 

売り切れたのか、注文してから揚げるスタイルなのか、わからない。

 

というわけで、「あの店」へ。

 

駅から数分歩き、到着。

 

本日のお店

肉のハヤシ

『肉のハヤシ』

 

昭和3年に開業のお肉屋さん。

 

店の外も中も花が多い。

 

あと、切り絵も多い。

(切り絵は、ご主人作)

 

肉のハヤシ

ショーケース内、やはり揚げ物は入っていない。

 

肉コロッケ 100円

メンチカツ 130円

 

以上、オーダー!

 

揚げ物を待っている間

 

肉のハヤシ

肉のショーケースを見ていると、中国語表記がある。

 

猪脚、排骨、猪肚など。

 

中国人のお客さんが多いのかな。

 

5分程して、コロッケ受け取り。

 

いざ、コロッケ!

肉のハヤシ

手前:コロッケ

幅6.5㎝×幅10㎝×高さ2㎝ 95g

 

奥:メンチカツ

幅8㎝×幅10㎝×高さ2㎝ 100g

 

コロッケ

肉のハヤシ

少し甘味があるタイプ(ジャガイモの甘味だけ?)

 

具のジャガイモは、ペーストとゴロゴロが半々ぐらい。

 

ひき肉も肉感強め、まんべんなく。

 

衣はさくさく、パン粉大きめ。

 

メンチカツ

肉のハヤシ

甘みは少ない。

 

中身は、まるでハンバーグのよう。

 

メンチってなんだっけ?という気分に。

 

具材がしっかりねられている様子。

 

つなぎ多めなのかな。

 

肉感はそんなに強くない。

 

衣は、コロッケ同様、さくさく。

 

 

まとめ

コロッケは、結構好みの味。

 

けれど、メンチカツはもっと肉感のあるほうが…。

 

揚げ物は、作り置きせずに、注文が入ってから揚げるとのこと。

 

衣さくさくだからこそ、作り置きするとベチャッとなるし、やはり揚げたての方が嬉しいものだ!

 

常に揚げたてを提供するシステム、商品に中国語表記、そういった、お客さん目線の気遣いがあるからこそ、ずっと続いている理由だろう。

 

千客万来!好吃!

 

 

 

肉のハヤシ

住所:東京都豊島区南大塚3-55-1

JR山手線「大塚駅」より徒歩2分

 

電話番号:03-3971-0324

 

営業時間:9時から19時30分まで

 

定休日:日曜・祝日

 

地図: