はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

首都カラカスへの道のり半ばでバス壊れる

f:id:ra8ra3:20181118230825j:plain
シウダボリバルに戻ってきた。

このままコロンビアへ行こうか、それとも首都カラカスへ行くか。

 

ところで、

治安の悪い国を旅する時に気を付けていることがある。

もし強盗にあったとしても、

目的はお金(金目の物)で、人を殺すことではない。

なので、抵抗することは絶対に辞めるべき。

ビビらせる気はないが、本当に殺されるから。

そして、強盗に襲われるかもしれないからといって、

ギリギリの金額を持って出歩く人がいる。

これも絶対に辞めるべき。

その理由については、最後に書く

 

後学のため、治安が悪いと評判のカラカスへ行くことにする。

(シウダボリバルの宿で確認したが、夜出歩かなければ大丈夫と)

バスターミナルを夜に出発し、朝に到着予定。

ところが、朝方バスが急に停止。外を見るが、ただの道。

何かトラブルか、1時間以上停まっていた。

そして乗務員が乗客に何かを伝えると、みんな一斉に動き出した。

バスが壊れて、代わりのバスでも来たのかとついていくと。

なんと、乗務員が身体を張って走っているバスを停めている!

そして停まってくれたバスに交渉し、自分の乗客を乗せていく。

首都へ行く方向なので、バスは多いが、なかなか停まってくれない.。

停まってくれたとしても空席はなく、バス内の階段や通路に詰め込まれる。

そんな状況の中、他の乗客と同じようにバスを待つ。

乗務員が頑張っているので、誰も文句を言わずひたすら待機。

さらに1時間後ぐらいたち、やっと乗車。

f:id:ra8ra3:20181119000019j:plain

当初の予定よりだいぶ遅れて首都カラカスにたどり着く。

 

 

治安の悪い国で、ある程度のお金を持って出歩く理由

強盗に襲われた場合、こちらの所持金が少なすぎると、

相手が逆上する可能性は0ではない。

そうなると危害を受けるかもしれないので。

だから、大人しく強盗が去るぐらいの金額は常に持ち歩く方が良い。