はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

ベネズエラの首都カラカスをぶらり街歩き

旧市街にある安宿へ行くが、

空きはないと断られる。

そばにあった宿にも行くが、

空いていない。

他の宿を探したいが、

旅行者っぽい大荷物を持って、

街中をうろつきたくない。

しかし、

ロッカーや荷物預かり場所みたいなものは、

どこにもない。

とりあえず、腹ごしらえがてら食堂へ。

ご飯を食べながらふと、

ここに荷物置いてもらえないかなぁと思った。

オーナーっぽい人に、

「安宿を探してるけどみつからないので、

探している間荷物を置いてくれませんか?」

「この辺に安宿はありますか?」

と2点尋ねてみた。

意外とすんなりOKをくれ、

荷物を置いてくれた。

教えてくれた安宿は、

さっき行ったところだったので、

他の宿を探す。

身軽になり、

あちこち歩いて何軒か安宿にあたると、

空いているところをみつけた。

もう一度食堂に戻り、荷物をピックアップ。

お金を請求されることもなく、とても親切。

カラカス

マクドナルト

カラカス

ウェンディーズ

カラカス

 KFC

米国資本のファーストフードは、

ひと通り揃っている。

カラカス

地下鉄もちゃんとある

カラカス

 地下鉄の駅構内

ベネズエラ国会議事堂

国会議事堂

ベネズエラ国会議事堂

この周辺には、

評判の悪い闇両替商が多いと聞いていたが、

歩いていても話しかけられることはなく、

それらしい人も見かけなかった。

ベネズエラ国立美術館

国立美術館

ベネズエラ自然科学博物館

自然科学博物館

シモン・ボリバール博物館

シモン・ボリバール博物館

シモン・ボリバール博物館

シモン・ボリバールは、

スペインから南米諸国を独立させた英雄

シモン・ボリバール博物館

カラカス出身のため、

生家に隣接して博物館が建設されている。

 

やはり首都のため、

ミュージアムはひと通り揃っている。

展示品はそんなに多くないが、

先進国と比較しても遜色ない設備。

米国資本のファーストフードもあり、

食べるところに困ることはない。

中華料理屋はあまり見かけなかったが。

街自体は荒れていることもなく、

道路もちゃんと整備されていた。

南米の他の街と同じような雰囲気。

正直、昼間は治安の悪さをそんなに感じない。