はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

治安が悪いと言われているカラカスに行って思ったこと

カラカス
宿について

旧市街に安宿はあるが、

何軒かの受付には、

年季の入った鉄格子がついていたので、

治安の悪さが如実に分かった。

この国以外で宿の受付に、

鉄格子があるのは見たことない。

なので旧市街に泊まるのは避けた方がよい。

カラカス

街歩きについて

昼間歩いてみた感じでは、

そんなに危険な街とは思わない。

もちろん裏路地や怪しい道は通っていないが。

しかし、午後5時を過ぎると旧市街は一変。

全ての店が店じまいを始め、

午後6時には開いている店は皆無。

(唯一開いているのは酒屋のみ)

店が閉まると、誰1人歩いていない。

明らかに雰囲気が違う、

危ない空気しか漂っていない。

午後6時以降は、

絶対に旧市街を歩いてはいけない。

(午後5時以降も控える)

新市街も夜出歩くのは辞めるべき。

カラカス

治安について

率直に言うと、

短期間の滞在では、話で聞くほど、

治安が悪化しているようには感じなかった。

しかし、世界で3番目に殺人発生率が高いので、

気を抜けない。

夜は、他の地域と同様危険。

カラカス

人について

聞いていた評判は悪かったが、

しばらく荷物を預かってくれた人や、

気軽に写真撮影に応じてくれる人など、

良い印象の方が強い。

確かに「チーノ」と差別発言をする人は、

0ではないが。

差別的に使っている人もいるし、

そうじゃない人もいる。

(チーノは、中国人という意味もある)