はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

マナーよく!「太鼓館」台東区西浅草

 

日本における太鼓の歴史は古く

 

日本神話の中でも、

桶をひっくり返し音を鳴らしたと

 

そして、

群馬県天神山古墳からは、

「太鼓を打つ人物埴輪」が出土

 

ということで、

古墳時代(3世紀末~6世紀)には、

太鼓が存在していたことが分かっている

 

 

本日の訪問先

太鼓館

『太鼓館』

 

宮本卯之助商店が運営しており、

世界各地から収集した太鼓や楽器が展示

 

そのため、

1階は店舗になっている。

 

太鼓館

 

1階で入館チケットを買い、

エレベーターに乗り4階へ

 

太鼓館

 

館内は、撮影禁止。

 

 

展示について

展示品は見るだけでなく、

実際に叩いたりすることもできる!

 

ただし、

キャプションの右上に「♪」のマークが

ついているものは演奏可能。

 

一部演奏音源を聞くことも。

 

収蔵品は900点以上だが、

スペースの都合上、

展示できる数に限りがあるので、

定期的に入れ替えを行っている。

 

 

展示品・例

ジャンべ

西アフリカの太鼓

 

エデ族の太鼓

ベトナム、象の皮製

 

バラファン

西アフリカで使われている木琴

 

アンクルン

インドネシア、竹を組み合わせた打楽器

 

ウォータードラム

パプアニューギニア、ワニの音を再現

 

 

まとめ

最初、

入館料が500円のため、

少し高いなと思った。

 

しかし、

様々な国の楽器に

触れることができるので

勉強にもなり面白い場所でもある。

 

それに、

大人だけなく、子供と一緒に

学習しながら楽しむこともできる。

 

ただ、

キャプションの右上についている、

演奏可能な「♪」マーク、

これが分かりづらい…。

マークがある楽器は触って良いのだが、

ぱっとみ解説と同じ色なので、

区別がつきにくいので。

赤色等目立つ色にしてくれると

老若男女に分かりやすい!

 

演奏可能な太鼓は、
全体の7割くらいか。

 

中には、

見るからに古くて貴重そうな、

民俗楽器も。


本当に触って良いの?と思いながら
叩いてみたりした。

 

演奏方法や文化的背景について、

もう少し説明があると尚よし。

 

たまたま訪問したとき、

マナーの悪い親子連れが館内にいたので


[できることなら貸切で太鼓を堪能したい…]

 

それぞれの太鼓の音が
想像以上に響くので、
他のお客さんと一緒になったときには、
お互いに配慮したいところ。

(場所柄、外国人ではと思うかもしれないが、

その親子連れは日本人)


決して、

相手の音をかき消したりしないでね。


お互いハートを感じ合えたら、
自然とドラムセッションが始まるかも?!

 

 

 

太鼓館

開館時間:10時から17時

休館日:月曜、火曜

(月曜が祝日の場合は、開館)

入館料:大人500円 小人150円

電話番号: 03-3842-5622

住所:東京都台東区西浅草2-1-1

銀座線「田原町駅」より徒歩2分

都営浅草線「浅草駅」より徒歩6分

公式サイト:

www.miyamoto-unosuke.co.jp

地図: