はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

中東のパリ、ベイルート

レバノンの首都ベイルート

レバノン

エトワール広場

 

18世紀ごろ、ベイルートは国際色豊かな都市で、宣教師の布教活動の中心地であった。

オスマン帝国崩壊後、フランスの統治下になるが、第二次世界大戦後独立。

中東における交通の要所として、商業・金融・観光の中心地となる。

そのためベイルートは「中東のパリ」と呼ばれるようになった。

 

ベイルート

地中海に面している、まるでリゾート地。

ベイルート

海沿いにハードロックカフェ

ベイルート

鳩の岩 

レバノンのランドマーク

レバノン

ベイルート国立博物館

レバノン

フラッシュを使わなければ、館内は自由に撮影できた。

レバノン

豚の顔型容器

レバノン

 日本の援助で設置しましたとシールが貼られていた。

ベイルート

夜になると、人はまばら。

ベイルート

まるでヨーロッパの街

ベイルート

日本にもあったヴァージン・メガストアーズ

ベイルート

海沿いは、奥にあるインターコンチネンタルのような高級ホテルや、

マクドナルドなど欧米資本が多い

街を散策していると、ここは本当に中東なのかと。

「中東のパリ」と呼ばれる理由が歩くほど分かる。

とくに、エトワール広場周辺や地中海沿いは。