はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

ヨルダン北部にあるジェラシュ遺跡

ベイルートから、

ヨルダン

シリア経由、

アンマン

ヨルダンの首都アンマンへ

 

宿に荷物置き、

アンマンの北にあるジェラシュ遺跡へ

 

ジェラシュ、昔はゲラサと呼ばれていた。

ローマ帝国時代、デカポリス(十都市同盟)の一つ。

何世紀もの間埋まっていたので、保存状態が良い。

そのため、「中東のポンペイ」と呼ばれているとWEB上でみたが、

初耳!

ちなみに、イタリアのポンペイと違い、自然と土に埋もれた。

ジャラシュ

 遺跡入り口

ジャラシュ

トカゲのお出迎え

ジェラシュ

ハドリアヌスの凱旋門

あのハドリアヌス?!と思った方もいるはず。

そう!マンガ『テルマエ・ロマエ』に出てくる、

ローマ帝国全盛期、五賢帝の1人ハドリアヌスです。

この門は、ハドリアヌス帝の訪問を記念し建てられた。

ジェラシュ

ヒッポドローム

戦車や馬の競技場

 

ジェラシュ

ディオニュソス神殿

ジャラシュ

ニンフャエウム

泉の精霊を祭る場所、または神殿

ジャラシュ

柱で囲まれた円形広場

ジャラシュ

四面門の奥は修復中

ジャラシュ

ローマ劇場

ジェラシュ遺跡には、ローマ劇場が2つ。

ジャラシュ

演奏していた。

ジャラシュ

列柱道路

 

確かに保存状態は、大変良い。

ただキレイすぎる。めちゃくちゃキレイ。

修復が完璧!

 

話は変わるが、

「Jerash」

当時ジェラシュといわれていたが、

Wikipediaなどをみるとジャラシュとなっている。

ヨルダン観光局の公式サイトは、ジェラシュ。

ジャラシュ、ジェラシュ、

聞き取り手の感じによって変わったのかもしれない。