はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

シリアから陸路でレバノンへ、入国税はかかるのか?

シリアからレバノンへ陸路で入国するには、

3ルートのみ。

当時、外国人向けに開放されている国境は、

3ヶ所しかなかったため。

レバノンの北方・中間・南方と分かれていた。

ダマスカス

旅人の間では、

北方・南方ルートの場合、

入国税と称して20ドルほど、

徴収されると話題になっていた。

これが本当に入国税なのか?

いちゃもんなのか?

誰も分からず。

ガイドブックによっても、

入国税について書いていることがバラバラ。

結局、入国したいため、請求されたら、

みんな支払っている状況。

しかし、中間ルートだと、

お金を要求されることは無いといわれていた。

また、そのルートだと、

世界遺産バールベックに一番近い!

というわけで、中間ルートを進むことに。

レバノン

乗合バスで移動中。

警戒していたが、

お金を要求されることは一切なく、

すんなり入国でき拍子抜け。

トラブルもなく、バールベックに着く。

バールベック

バールベックの宿

お客は自分一人、

ドミトリーだが一人部屋みたいで快適。

 

今回入国税を徴収されることは無かったが、

シリアからレバノンへの国境だけでなく、

陸路で国境を越えるとき、

出国税や入国税など、いちゃもんをつけて、

お金をせしめようとする悪い役人が時々いる。