はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

クスコで、ペルー名物クイ料理に挑戦

クスコを歩いていると、マクドナルドがあった。

エジプトみたいに限定品は売っていない。

クスコ

景観保護のため、マークが黒色。

今では様々なお肉が食べられるようになっている。

クスコは標高3000mを越えているため、

昔は肉類がなかなか手に入らなかった。

それゆえ、アンデスの山岳地帯(クスコを含む)では、

貴重な動物としてクイが飼育され、お祝いの席で振る舞われた。

それが現在でも、ペルーの名物料理として残っている。

クイとは、小学校の時育てた人もいるはず、モルモットのこと。

日本では、食用モルモットをみかけないし、馴染みがない。

せっかくペルーに来たので、挑戦。

クイ

見た目は、大きなネズミ

クイ

小骨が多く、可食部は少ない。

食感は鶏肉のよう、臭みを消すため香辛料がきいている。

日本円で考えても安くないクイ料理、

ペルーの物価を考えると大変高価な食事。

(クイ料理単品で、1500円程)

率直な感想を言うと、

食べづらいうえに、あまりおいしいものではない。

この値段を出すなら牛肉や豚肉の方が良い。

でも、人生で一度くらいは食べてみてもいいかも。