はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

24時間営業のサンドイッチ屋「K’sキッチンハッピーロード店」

 

24時間営業といえば、居酒屋・コンビニなどを思い浮かべますよね。

 

何時でも営業しているので、行きたいときに行くことができる。そして店が、閉まっているかもしれないという心配もない。だから、いつでもふらりと安心して立ち寄れる。

 

ふと耳に入ったのだが、24時間営業のサンドイッチ屋があるらしい。サンドイッチ屋が24時間?なぜ? と思う方がほとんとだと。

 

調べてみると、 どうやらサンドイッチ工場の直営店のようである。だから24時間営業なのかもしれない。

 

ハッピーロード大山商店街

噂の24時間営業のサンドイッチ屋は、ハッピーロード大山商店街にある。

 

本日の訪問先

K’sキッチン

『K’sキッチン ハッピーロード店』

 

24時間営業のお店には、見えない。見た目は、ごく普通のサンドイッチ屋である。

 

サービスサンド 200円

菜の花サンド  260円

 

以上、オーダー

 

 

いざ、サンドイッチ!

K’sキッチン

左:サービスサンド 

右:菜の花サンド

 

左側のサンドイッチを食べた瞬間、思い出の味だと驚いた!

 

「K’sキッチン」の、サンドイッチは初めて買った。

 

それなのに、なぜ懐かしいのか分からない。

 

何故だ?何故だ?何故だ?

 

……………【考え中】…………...

 

生協!

 

あの生協のサンドイッチだ!

 

生協の売店で買ったサンドイッチと、生地が同じだ。(左側)

 

味も似ている。

 

そうすると、また疑問がわく。

 

 

なぜ、生協とK’sキッチンのサンドイッチ生地が同じなのだ?

 

「K’sキッチン」のHPをみると、株式会社三桂という企業。

 

サンドイッチの製造販売しており、生協にサンドイッチを卸している。

 

だからだ!

 

だから、生地が同じで、味が懐かしかったのだ!

 

 

まとめ

株式会社三桂サンドイッチ、生協以外にイオンにも卸している。

 

そして自社でも、サンドイッチカフェや、サンドイッチ専門店を事業展開。

 

「K’sキッチン」は、ブランドの1つ。このブランドのお店は、他に、飯田橋と神田にある。

 

結局、ハッピーロード店だけが、なぜ24時間営業なのか真相は分からなかった。

 

あくまでも推測だが、本社工場が大山にあるので、いつでも入荷できるから。そして、人によって、サンドイッチを食べたくなる時間帯はバラバラなので、そのニーズに応えているからではないだろうか。

 

謎はあったが、久しぶりに大学時代を思い出させてくれた、サンドイッチ。

 

味は、生協に卸しているので、お墨付き!

 

 

 

K’sキッチン ハッピーロード店

住所: 東京都板橋区大山町40−7

(ハッピーロード大山商店街内)

東武東上線「大山駅」から徒歩6分

 

電話番号:03-3956-7708

 

営業時間:24時間

(土曜20時から日曜6時まで除く)

 

定休日:年末年始

 

地図: