はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

1979年開店のクレープ屋「ピエロ」ハッピーロード大山商店街

 

「クレープ」、学校の帰りや、デートのときに食べたことがある人も多いのではないだろうか。生クリーム、アイス、果物、ツナ、ハムなど様々な種類のものがある。

 

おやつの定番ともいえる「クレープ」。もとは、フランス発祥の料理。そのため、「クレープ」もフランス語から来た言葉。

 

板橋区のハッピーロード大山商店街には、「24時間営業のサンドイッチ店」だけでなく、「クレープ」の老舗もある。

 

本日の訪問先

クレープピエロ

『ピエロ』

 

1979年に開店したお店。日本のクレープ業界の先駆けに近い。雑誌やテレビなど様々なメディアで紹介されることも多い。

 

見て分かるように、お店の外観はなかなか年季が入っており、老舗感が伝わってくる。

 

参考までに、日本におけるクレープの元祖は、1977年に原宿竹下通りに開店した「カフェクレープ」である。

 

 

いざ、クレープ!

クレープピエロ

クレープのメニューは200種類以上あり、どれにしようか迷ってしまう。

 

沢山のメニューを前に、悩むこと数分...。

 

いざ注文!

 

先にお会計を済ませて、おじさんのクレープ作りを静かに眺める。

 

あれ...

 

おじさん......

 

お会計したその手でクレープを……

 

いや、何でもない。

 

ワイルドスタイルは大歓迎!

 

海外では当たり前な光景だし。

 

クレープが美味しければ、俺は気にしないよ、おじさん!!!

 

生クリームいちご

クレープピエロ

410円

 

サラミピザ

クレープピエロ

480円

 

 

まとめ

いつも行列が出来ている有名店。そのため、注文を効率良くさばけるよう、生地は焼かれた状態で、大量にストックされている。それに、冷たいクレープ用に冷ましているのだろう。

 

味については、具がたっぷり端まで入っており、生地まで美味しいクレープ。文句なし!

 

ただ、行列に並んでまでクレープを食べたいかといわれると、意見が分かれそうなお店である。街中にあるクレープチェーン店と比べると、具だくさんで、値段も少し安い。そして、1979年から営業しているので、固定ファンもいるのだろう。親子3代で、お店に通っている人もいそうな様子である。それらを踏まえて考えると、確かに、人気になるのは分かる。

 

いろいろと意見を述べたが、美味しいクレープであることは間違いない!

 

余談になってしまうが、学校帰りや、誰かと一緒に食べたあのクレープという思い出には、どんなお店のものでも勝てない。クレープを久しぶりに食べて、ふと感傷的に。それはクレープに限らないが。

 

繰り返しだが、ピエロのクレープは旨い!

 

 

  

ピエロ 基本情報

住所:東京都板橋区大山町31−5

(ハッピーロード大山商店街内)

東武東上線「大山駅」より徒歩5分

 

電話番号:03-3955-0811

 

営業時間:平日12時30分から20時まで、平日以外11時から20時まで

 

定休日:火曜(祝日の場合、翌水曜)

 

地図: