はらはらじゃーにー

8ra8ra3のJOURNEY

絶滅危惧種?!「駄菓子屋ゲーム博物館」板橋イナリ通り商店街

 

小さい頃、駄菓子屋のゲーム機で遊んだことはあるだろうか。そもそも駄菓子屋がなかったという人もいるだろう。それに駄菓子屋にゲーム機がなかったという人もいるだろう。

 

いってみれば、駄菓子屋にあるようなゲームのイメージである。実際あったかどうかは別として。いわゆるレトロなゲーム機である。昭和のゲーム機と言ってよいかもしれない。 

 

そのような古いゲーム機が集められた場所がある。リサイクルショップではない。現在も実際に遊ぶことができる。以前訪れた、「ホームベーカリー木村屋」。そのパン屋と、同じ商店街にある。

 

本日の訪問先

駄菓子屋ゲーム博物館

『駄菓子屋ゲーム博物館』

 

入り口はなかなか味がある。外観からだと何屋か分かりづらいだろう。何があるのか知らないと、入るのに少し勇気がいるかもしれない(笑)

 

玄関の前には、入館料を支払う自販機がある。1人あたり200円。もし小銭が無ければそのまま中に入り、店員さんに直接話しかければOK!

 

施設内

駄菓子屋ゲーム博物館

中に入ると、メダル10枚をGET! それが200円の対価だ。あくまでも無料ではない。カップは、プリンの空き容器。駄菓子屋感がすごい!

 

店内にはレトロなゲームが、所狭しと並んでいる。1番奥がメダルゲームコーナーに、手前は現金専用ゲームコーナーになっている。

 

 

メダルゲームコーナー

駄菓子屋ゲーム博物館

以前何かトラブルでもあったのかもしれない。なぜか写真撮影についての張り紙がとてもたくさんある。1人あたり5枚程度で他人が写らないようにといった注意書き。(本音は、珍しいゲーム機なので写真をいっぱいとりたくなる)

 

駄菓子屋ゲーム博物館

メダルゲームに当たると、小さな茶色いプレートが出てくる。10と書かれており、点数に応じて景品と交換することができる。

 

 

 

まとめ

駄菓子屋ゲーム博物館

遊んだことがある人には、懐かしいところだろう。馴染みのない世代には、名称の通り、珍しいゲームを見られる博物館的楽しみがある。そして見るだけでなく、実際に遊ぶことができる。

 

遊び始めは、みんな童心にかえり、当たりが出るまでヒートアップしてしまう。けれど、現代の複雑なゲームに慣れていると、だんだんお腹いっぱいなる。(精神的に)

 

1時間ほど滞在。これだけ古いゲーム機があり、メンテナンスも大変なので、入館料200円は安い!

 

今でも貴重なレトロゲーム機。いつかは触れることが、出来なくなるかもしれない。だからこそ、大事に丁寧に遊んで欲しい場所だと思った。

 

 

 

駄菓子屋ゲーム博物館 基本情報

開館時間:平日14時から19時まで、土日祝日10時から19時まで

 

休館日:火曜、水曜(祝日の場合は、開館)

 

入館料:200円(メダル10枚付)

 

住所:〒174-0054 東京都板橋区宮本町17-8

都営三田線「板橋本町駅」(A4)より徒歩5分

 

公式サイト:https://dgm.hmc6.net/

 

地図: